魚類の社会行動1

40-e7a4be-1桑村哲生・狩野賢司 共編
A5判・並製・224頁
定価(本体2,600円+税)
2001年11月30日
ISBN978-4-905930-77-8 C3045
 
 
 
魚類の社会行動・社会関係について進化生物学・行動生態学の視点から解説。理論や事実の解説だけでなく,研究プロセスについても,きっかけ・動機・苦労などを詳細に述べた。
[目次]1. サンゴ礁魚類における精子の節約 2. テングカワハギの配偶システムをめぐる雌雄の駆け引き 3. ミスジチョウチョウウオのパートナー認知とディスプレイ 4. サザナミハゼのペア行動と子育て 5. 口内保育魚テンジクダイ類の雄による子育てと子殺し

ご注文はお近くの書店で

【直送】
直送をご希望の方は下記へお申し込み下さい。
kaiyusha@cup.ocn.ne.jp

広告

現在コメントは受け付けていません。