予備校講師の 野生生物を巡る旅

 

79 野生生物72

汐津美文著
B6判・並製本・160頁
定価(本体1,800円+税)
ISBN978-4-905930-87-7
発行 2016年7月27日

予期せぬ出会いの感動
生物はこんなに面白い

生物の姿形の多様さには眼を見張るものがあります。しかし,本当の面白さはその「多様な生き様」にこそあるのではないでしょうか。温度依存性決定,擬態,子殺し,雌雄同体,雌の選り好み,血縁選択,中立説,分子系統樹,… 。
生物学は,生物の不思議な生き様の理由をしだいに明らかにしてきました。本書ではマダガスカル,東アフリカ,インド,ボルネオ,フィリピン・パラオ・オーストラリアの海で出会った野生生物を,写真と文によって紹介します。

 

目 次
第1章 マダガスカル
第2章 東アフリカ
第3章 インド
第4章 ボルネオ
第5章 海の生きものたち
終章 遺伝子をもとに生物進化を考える
参考文献
おわりに
事項索引
生物名索引

詳しくは 「発行図書一覧」→「全書籍」へ

ご注文はお近くの書店で

【直送】
直送をご希望の方は下記へお申し込み下さい。
kaiyusha@cup.ocn.ne.jp

インターネットでもこちらからご購入いただけます
bookslogo_s

———————————————————

植物生態学

植物生態学

大原 雅 著
A5判・上製本・352頁
定価 (本体3,800円+税)
ISBN978-4-905930-22-8
2015年3月25日

「植物生態学」は多彩な学問の融合の場

植物生態学は,多彩な研究分野の融合の場である。植物には大きな特徴が二つある。「動物のような移動能力がないこと」と「無機物から生物のエネルギー源となる有機物を合成すること」である。この特徴を背景として,植物たちは地球上の多様な環境に適応し,生態系の基礎を作り上げている。
本書は,著者自身が,自らの専門分野に対して「植物生態学とは?」という自問から始まった。その自答として,植物に関わる「生態学の概念」,「種の分化と適応」,「形態と機能」,「個体群生態学」,「繁殖生態学」,「群集生態学」,「生物多様性と保全」などが14章にわたり紹介されている。
研究者は,無我夢中で自らの研究を追求するため,学問の全体像を俯瞰して見ることを忘れてしまうことがある。本書から「植物生態学」が,基礎から応用までの幅広い研究分野を網羅した,複合的学問であることを,実感していただけることであろう。

1 生態学と生物の分布
2 生命誕生の歴史
3 生態学における種の概念
4 種の分化と適応
5 植物の構造と機能
6 植物の繁殖様式(1)—有性生殖と無性生殖—
7 植物の繁殖様式(2)—多様な有性繁殖システム—
8 植物の物質生産
9 植物の個体群構造
10 生態学における集団遺伝学の役割
11 繁殖様式と個体群の遺伝構造の解析
12 植物群集のダイナミクス
13 生物多様性
14 保全生態学
用語解説
引用文献
おわりに
人名索引
事項索引

詳しくは 「発行図書一覧」→「全書籍」へ

ご注文はお近くの書店で

【直送】
直送をご希望の方は下記へお申し込み下さい。
kaiyusha@cup.ocn.ne.jp

インターネットでもこちらからご購入いただけます → bookslogo_s

———————————————————

魚類比較生理学入門
-空気の世界に挑戦する魚たち-

75 魚類

岩田勝哉 著
A5判・上製本・224頁
定価(本体3,400円+税)
ISBN978-4-905930-16-7 C3045
2014年3月10日

カエルになりたかった魚たち

魚は水中で鰓呼吸をしています。しかし,トビハゼやムツゴロウのように,空気の世界に挑戦している魚もいます。魚が空気中で生活するには,皮膚など体の各部を空気呼吸に適するように改変する必要があります。また,タンパク質代謝の老廃物である有毒なアンモニアの蓄積からどのようにして身を守るかという問題も解決しなければなりません。本書では,魚たちの空気呼吸や窒素代謝などについて分かりやすく解説しました。

はじめに
1 空気の世界に挑戦する魚たち
2 窒素老廃物の処理-アンモニア
3 窒素老廃物の処理-尿素
4 真骨魚のアンモニアとの闘い
5 尿素排出の周期性
6 窒素老廃物とオズモライト
7 酸素不足に対する闘い
あとがき
引用文献
索 引

詳しくは 「発行図書一覧」→「全書籍」へ

ご注文はお近くの書店で

【直送】
直送をご希望の方は下記へお申し込み下さい。
kaiyusha@cup.ocn.ne.jp

———————————————————

カミキリ学のすすめ

74 カミ-75

新里達也(編著)
槇原 寛・大林延夫・高桑正敏・露木繁雄(著)
A5判・上製本・320頁
定 価 3,570円(本体3,400円+税)
ISBN978-4-905930-26-6 C3045
2013年9月20日

世界を広げる,世界が広がる

よくもまあ,ここまでやるものだ。ふつうの人がこの本を読んだら,そう思うのではないかと思う。いくらカミキリムシが好きだからって,ここまでやりますかねえ。でも,じつはこれで当り前,虫屋というのはこういうものだから,世間にはなかなか理解されない。私はそれでいいと思っている。おかげで日本の自然史研究はずいぶん進んだからである。さすがに文明国だなあと思う。
五人のカミキリ屋がそれぞれに扱っていることは,他の虫でも問題になることである。ということは,生物一般に通じる。狭い世界に没頭しているように見えて,いつの間にか,広い宇宙に飛び出してしまう。それが虫の研究の醍醐味である。
虫に関心のある人はもちろん,これから虫を調べてみたいと思っている人にも,ぜひ読んでもらいたい。世界が大きく広がりますよ。
養老孟司(東京大学名誉教授)

序章 カミキリ学のすすめ (新里達也)
1 ハナカミキリの話 (大林延夫)
2 ムナミゾアメイロカミキリの分類学 (新里達也)
3 熱帯降雨林のカミキリムシ (槇原 寛)
4 非武装地帯の崩壊がコブヤハズ群にもたらしたもの (高桑正敏)
5 カミキリムシとの出会いと発見史 (露木繁雄)

引用文献
本書に登場するカミキリムシの和名・学名一覧
事項索引

詳しくは 「発行図書一覧」→「全書籍」へ

ご注文はお近くの書店で

【直送】
直送をご希望の方は下記へお申し込み下さい。
kaiyusha@cup.ocn.ne.jp

———————————————————

パワー・エコロジー

73 パワーエコ

佐藤宏明(奈良女子大学准教授)・村上貴弘(北海道教育大学准教授) 共編
A5判・上製本・480頁
定価3,780円(本体3,600円+税)
ISBN978-4-905930-47-1 C3045
2013年3月

生態学の魅力を存分に伝える破格の書

本書は,北海道大学大学院環境科学院/地球環境科学研究院東正剛研究室の院生14人による,研究活動記です.第一部では,中米,ボルネオ,オーストラリア,アフリカ,南極など,調査地が全世界に及んだ教え子の奮闘記が綴られています.第二部では,藻類からクマムシ,アルゼンチンアリ,イトウ,タンチョウ,はてはエゾシカまで,多様な実践記録が綴られています.

序章 生態学の躍進 ─ その目指すもの (大原 雅)
第一部 世界中にフィールドを求めて
1 アリの農業とヒトの農業 ─ 南米で進化!? (村上貴弘)
2 ボルネオ・サル紀行 ─ 妻と一緒に,テングザル研究 (松田一希)
3 アフリカで自然保護研究の手法を探る (小林聡史)
4 豪州蟻事録 ─ 大男,夢の大地でアリを追う (宮田弘樹)
5 土壌動物学徒の南極越冬記 (菅原裕規)
第二部 多様な生物を求めて
6 海産緑藻類の繁殖戦略 ─ 雄と雌の起源を求めて (富樫辰也)
7 いじめに一番強いモデル動物,ヨコヅナクマムシ (堀川大樹)
8 真社会性と単独性を簡単に切り替えるハチ,シオカワコハナバチ (平田真規)
9 アルゼンチンアリの分布拡大を追う (伊藤文紀)
10 潜葉性鱗翅類で何ができるか ─ 独創性との狭間のなかで (佐藤宏明)
11 幻の大魚イトウのジャンプに導かれて ─ 絶滅危惧種の生態研究と保全の実践記録
(江戸謙顕)
12 モズとアカモズの種間なわばり ─ 修士大学院生の失敗と再起の記録 (高木昌興)
13 タンチョウに夢をのせて (正富欣之)
14 エゾシカの遺伝型分布地図が語ること ─ 野生動物管理に貢献する保全遺伝学
(永田純子)
引用文献
事項索引
生物名索引
学名索引
人名索引

詳しくは 「発行図書一覧」→「全書籍」へ

ご注文はお近くの書店で

【直送】
直送をご希望の方は下記へお申し込み下さい。
kaiyusha@cup.ocn.ne.jp

———————————————————

糸の博物誌
−ムシたちが糸で織りなす多様な世界−

齋藤 裕(北海道大学特任教授)・ 佐原 健(岩手大学教授)共編
A5判・上製本・208頁
定価 2,730円(本体2,600円+税)
ISBN 978−4−905930−86−0
2012年9月15日

ムシたちの糸で織りなす奇想天外な適応
ヒトにとって様々な素材でつくられる糸が欠くべからざるものであるように,糸を出す動物たちにとってもそれは欠くべからざるものであり,それぞれの動物の進化に深く関わってきたのです.
本書では,ムシたちの糸に注目して,どのような種がどのような場面で糸を出し,そしてそれはどのような機能をもっているのかをやさしく解説しました.ムシたちが糸で織りなす奇想天外な適応,例えば木に登るクモ,繭をつくるハチ,獲物の糸を操って身を守る寄生バチの離れ業や,糸で巣の中を掃除する社会性ダニの人間顔負けの行動などを,多くのイラストや写真とともに紹介しました.

1章 クモと糸
2章 ダニと糸
3章 昆虫の系統と糸利用の多様性
4章 ハチと糸
5章 寄生蜂とチョウと糸
6章 チョウとガの糸
7章 人と絹
おわりに
参考文献
事項索引
生物名索引

詳しくは 「発行図書一覧」→「全書籍」へ

ご注文はお近くの書店で

【直送】
直送をご希望の方は下記へお申し込み下さい。
kaiyusha@cup.ocn.ne.jp

———————————————————

理論生物学の基礎

関村利朗(中部大学教授)・山村則男(総合地球環境学研究所教授)共編
A5判・上製本・400頁
定価 5,460円(本体5,200円+税)
ISBN 978−4−905930−24−2
2012年5月25日

数理モデルの構築法と解析法がよく分かる
生物の諸現象を数理的あるいは理論的に扱う「理論生物学」では,生態学,発生学,進化生物学,遺伝学,医学など極めて幅広い分野の問題を取り扱っている。この本では,理論生物学の考え方や,数理モデルの構築法とその解析法を幅広くまとめ,多くの実例をあげて基礎から応用までを分かりやすく解説した。大学生や専門を異にする研究者の方々が,理論生物学の基礎を幅広く学ぶためのテキスト・参考書として最適な入門書である。

1 生物の個体数変動論(竹内康博)
2 空間構造をもつ集団の確率モデル(佐藤一憲)
3 生化学反応論(関村利朗)
4 生物の形態とパターン形成(関村利朗)
5 適応戦略の数理(山村則男)
6 遺伝の数理(山村則男)
7 医学領域の数理(梯 正之)
8 バイオインフォマティクス(高橋広夫)
付録 演習問題解答 プログラム集
参考文献 索引

詳しくは 「発行図書一覧」→「全書籍」へ

ご注文はお近くの書店で

【直送】
直送をご希望の方は下記へお申し込み下さい。
kaiyusha@cup.ocn.ne.jp

———————————————————

社会性昆虫の進化生物学

東 正剛(北海道大学教授)・辻 和希(琉球大学教授)共編
A5判・上製本・496頁
定価 6,300円(本体6,000円+税)
ISBN 978−4−905930−29−7
2011年9月15日

味わったら抜けられない知的挑戦
本書は,1993年に出版された『社会性昆虫の進化生態学』(松本忠夫・東正剛共編,海游舎)の姉妹書である。この約20年の間に生物学は目覚ましい発展を遂げ,「21世紀は生物学の世紀になる」という大方の予想どおり,我々はまさに生物学の革命期を生きていると言えるだろう。これには遺伝子工学を含む分子生物学の発展とIT革命を中心とする技術革新,その相乗効果によって予想以上の速さで進展した各種生物の全ゲノム塩基配列判読が引き金となったことは間違いない。
本書は,日本語で読めるものとしては現在唯一の社会性昆虫研究の「今」と「全体」を展望できる教科書である。当代最先端研究者による各章から,めくるめく変化し続ける研究動向が見て取れる。

ご注文はお近くの書店で

【直送】
直送をご希望の方は下記へお申し込み下さい。
kaiyusha@cup.ocn.ne.jp

———————————————————

社会性昆虫の進化生態学

松本忠夫(東京大学教授)・東 正剛(北海道大学教授)共編
A5判・上製本・400頁
定価 5,250円(本体5,000円+税)
ISBN 978−4−905930−30−3
1993年3月20日
重版出来

アシナガバチ,ミツバチ,アリ,シロアリ,ハダニ類などの研究で活躍している著者らが,これら社会性昆虫の学問成果をまとめ,進化生態学の全貌とその基礎的研究法を詳しく紹介した,わが国初の総説集です。各章末の引用文献は充実しています。昆虫学・行動生態学・社会生物学などに関係する研究者・学生の必備書です。

ご注文はお近くの書店で

【直送】
直送をご希望の方は下記へお申し込み下さい。
kaiyusha@cup.ocn.ne.jp

———————————————————

シオマネキ
−求愛とファイティング−

村井 実(琉球大学名誉教授)著
A5判・並製・96頁
定価1,260円(本体1,200円+税5%)
ISBN978-4-905930-15-0
2011年7月20日

シオマネキは,甲幅7.6 mmから4.7 cmの小型のカニです。雄の大きいはさみの長さは11.8 mmから10.9 cmもあり,このハサミを使って互いにコミュニケーションをしています。雌を招くウエービング,求愛のウエービング,つがい形成などについて,ビデオカメラを用いての観察や実験結果をまとめて紹介しました。

ご注文はお近くの書店で

【直送】
直送をご希望の方は下記へお申し込み下さい。
kaiyusha@cup.ocn.ne.jp

———————————————————

天敵と農薬
−ミカン地帯の11年[第二版]−

大串龍一(金沢大学名誉教授)
A5判・上製本・256頁
2,940円(本体2,800円+税)
ISBN978−4−905930−28−0
2010年9月25日

農薬使用を止めることが出来るか
第二版は1990年に出版された第一版を,現在の農業・環境問題を考えながら改訂した。近代農業史の一面を述べた本文を生かしながら,その後の変化は37の注で補った。さらに農薬解説の序章を追加し,多数の写真を入れ替え,農業の社会問題・環境問題の原点・農薬問題・病害虫防除などが詳しく述べられている。農業に直接かかわってはいないが,生活環境・食品安全に関心をもつ人たちにも勧めたい。

ご注文はお近くの書店で

【直送】
直送をご希望の方は下記へお申し込み下さい。
kaiyusha@cup.ocn.ne.jp

———————————————————

蜂からみた花の世界
−四季の蜜源植物とミツバチからの贈り物−

佐々木正己(玉川大学教授)
B5判・上製本・416頁
13,650円(本体13,000円+税)
ISBN978-4-905930-27-3
2010年7月20日

脳細胞100万,体重わずか0.1gのミツバチが,花を求め半径5 kmを飛び回る。仲間を動員する8の字ダンスは有名だが,リクルートすべきか否かは,蜜の「質・量・花までの距離」を総合判断して決めている。茶さじ1杯のレンゲのハチ蜜を貯めるのに,ミツバチは1gの燃料蜜を使って延べ1,000 kmを飛び,訪れる花数は14,000にのぼる。

ご注文はお近くの書店で

【直送】
直送をご希望の方は下記へお申し込み下さい。
kaiyusha@cup.ocn.ne.jp

———————————————-

植物の生活史と繁殖生態学

大原雅(北海道大学教授)
A5判・上製本・208頁
2940円(本体2800円+税)
ISBN978-4-905930-42-6
2010年3月25日

[まえがき]より
著者がこれまで担当してきた一般教養の生物学や学部の生態学の講義ノートの一部をまとめたものである。ありがたいことに,著者が現在北海道大学の高等教育課程(教養課程)で担当している「基礎生物学II」は,学生の講義評価(基礎科目)でナンバー・ワンに選ばれた。……学生たちから毎年高い評価を受けていることは大変嬉しく思っている。

ご注文はお近くの書店で

【直送】
直送をご希望の方は下記へお申し込み下さい。
kaiyusha@cup.ocn.ne.jp

———————————————-

擬態の進化
−ダーウィンも誤解した150年の謎を解く−

大崎直太 著
A5判・上製・288頁
定価3,150円(本体3,000円+税5%)
ISBN978-4-905930-25-9 C3045
2009年4月22日

擬態進化の解明は進化生態学発展の柱である。性淘汰は雌雄の形態が異なる性的二型を説明する進化理論として,ダーウィンによって提案された。本書は擬態進化の研究史を綴っている。その中で,筆者自身によるベイツ型擬態における性淘汰の否定と,鳥の最適採餌戦略やチョウの体温調節機構が擬態種の性的二型の要因とする最新の研究を,エピソードを織り交ぜながら紹介している。擬態研究の世界的な流れがよくわかる書である。

ご注文はお近くの書店で

【直送】
直送をご希望の方は下記へお申し込み下さい。
kaiyusha@cup.ocn.ne.jp

———————————————-

生物にとって自己組織化とは何か
―群れ形成のメカニズム―

S. Camzine et al. “Self-Organization in Biological Systems”
松本忠夫・三中信宏 共訳
A5判・上製・560頁
定価7,140円(本体6,800円+税5%)
ISBN978-4-905930-48-8 C3045
2009年4月1日

日本語版への序文
自己組織化と呼ばれる現象を目にすると,驚嘆を通り越してむしろ衝撃すら覚えます。きわめて複雑でかつ高度なつくりをもつ構造が,トップダウン的な影響をまったく受けずに,完全にボトムアップ的に生じるという学説は,一見すると私たちの直感とまったく相いれないように感じられるのも無理はありません。しかし,自己組織化は,森羅万象を見る私たちのものの見方を変えただけではありません。それは,いつでもどこでも生じ得るからこそ,生物学にとって無視できない重要な現象なのです。本書が革命的であるとしたら,その理由はまさにここにあります。

ご注文はお近くの書店で

【直送】
直送をご希望の方は下記へお申し込み下さい。
kaiyusha@cup.ocn.ne.jp

コメントは受け付けていません。